SPECIAL INTERVIEW

MOTOBUM HONDA
荒川 晃大
ARAKAWA KOHTA / PROFESSIONAL MOTORCYCLE RACER
おたふく手袋BODY TOUGHNESS® スポンサー契約選手

ルーキーオブザイヤー2019にも輝き
2020年の活躍が期待される荒川選手にお話をうかがった。

スタッフ スタッフ
今日はポスター撮影がありましたがいかがでしたか?
荒川選手 荒川選手
そうですね。こういう事は初めてだったので少し緊張しました。
スタッフ スタッフ
レースとどちらが緊張しましたか?
荒川選手 荒川選手
でも、やっぱりレースの方が緊張する感じですね。
スタッフ スタッフ
レースが一年間終わりましたけども、最初に思い描いていたシーズンになりましたか?
荒川選手 荒川選手
鈴鹿までにそんな結果が出ると思っていなかったので、レースをする度に目標が上がってきて、最終的に表彰台に上がるという目標を達成できたので、(目標の)一つはクリアーできたと思う。
目標がさらに上がるので、その目標をしっかりクリアーできるようにオフシーズン取り組みたいです。
スタッフ スタッフ
ルーキーオブザイヤーの受賞は最初から狙っていましたか?
荒川選手 荒川選手
そこら辺は(逆に)あまり考えずにただ目標に向かって頑張っていたのがルーキーオブザイヤー受賞できた理由です。
スタッフ スタッフ
一番思い出に残っているレースは何戦目のどのレースでしょうか?
荒川選手 荒川選手
やっぱり最終戦の鈴鹿ラウンドで予選ポールポジション、決勝が3位表彰台獲得で終われたので、今年1年の集大成を見せられたかなというレース でとても良かったです。
スタッフ スタッフ
しかも、コースレコードを樹立したと聞いたのですが?
荒川選手 荒川選手
鈴鹿、最終戦でレコードを出せたので、とても嬉しかったですね。
スタッフ スタッフ
個人的にもスポンサーが初めてついたという事で、おたふく手袋のインナーウェアーBODY TOUGHNESS、レースを始める前から知っていた商品でしょうか?
荒川選手 荒川選手
いや、全く知りませんでしたね。
スタッフ スタッフ
1年中使えるオーバー ザ ファンクションというシリーズなのですが、着てみてどのような感想をお持ちでしょうか?
荒川選手 荒川選手
最初、こういうインナーを着る前はメッシュの穴の開いたインナーを使ってたんですけど、好印象を受けたので2年間使っています。普段のトレーニングとか、下に1枚着るだけで気温が低い時とか暖かい時とかアウトラストが対応してくれるので非常にいいと思います。
スタッフ スタッフ
暑すぎず、寒すぎず肌の温度をいつも、最適に保ってくれるという事でしょうか?
荒川選手 荒川選手
そうですね、いつもちょうどいい体温に保ってくれています。
スタッフ スタッフ
普段のレースシーン以外にバイクに乗られている方などにおすすめできる商品でしょうか?
荒川選手 荒川選手
間違いなくおすすめできると僕は、思います。
スタッフ スタッフ
着用している時のサイズ感、締め付け具合とかはどうですか?
荒川選手 荒川選手
僕はあまり締め付けるタイプが好きではないんですけど、締め付けすぎずゆるすぎずちょうど良いコンプレッションだなと思います。
スタッフ スタッフ
最後に来季の意気込み、目標をお聞かせ願えますか?
荒川選手 荒川選手
来年はチャンピオン目指して、全戦表彰台を目指し、優勝できるように他のサーキットでもレコード更新して圧倒的な速さを見せ付けられたら良いかなと思います。
MOTOBUM HONDA
荒川 晃大
ARAKAWA KOHTA / PROFESSIONAL MOTORCYCLE RACER
おたふく手袋BODY TOUGHNESS® スポンサー契約選手
戦 歴
カテゴリーMFJ-GP ST600
2019年に初参戦。昨シーズンは年間全8戦に挑んだ。
ST600クラスは排気量が4気筒は401cc~600cc、2気筒は600cc~750ccまでとなっており、エンジンの改造範囲が狭い。また、タイヤも溝付きのスポーツタイヤを使っており、ストリートを走るマシンに一番近く、激戦のクラスである。
中でも好成績を残したのは鈴鹿サーキットで行われた最終戦。荒川選手が予選2周目にいきなりレコードタイムをブレイクする11秒810をマークして堂々のトップに立つ。ポールポジションは全日本初となる荒川選手が獲得し、結果も今シーズンの目標にしていた3位表彰台入りを果たした。
ルーキーオブザイヤー2019にも輝き、2020年の活躍が期待される注目のレーサーである。